小学校から大学まで国公立コースの費用とは

チャイルドナビ

チャイルドナビ トップ > オール国公立コース

オール国公立コースでかかる費用

幼稚園から大学まですべて国公立だった場合の教育資金準備の目安額を整理しましょう。

幼稚園から大学までにかかる教育費については、すでに見てきたとおりです。教育資金は余れば親の老後資金と考え多めに貯蓄するようにしましょう。目安は次の通りです。

♦オール国公立(大学は自宅)=約1042万円
♦オール国公立(大学は自宅外)=約1397万円

大学でかかる費用

大学でかかる費用には次のようなものも含まれます。

  • 入学までの受験の費用・・・受験料、大学納付金(未入学大学含む)、住まい探しの費用など
  • 学費など・・・入学金・授業料・施設利用料など学校納付金、教科書など
  • 生活費・・・通学費、食費、住居・光熱費、保険衛生費、娯楽・嗜好費など

貯める時期

子供の将来のための教育資金は、いつ頃までに、どれくらい準備をすればいいでしょうか。
国公立コースの場合も高校時代には本格的に塾や予備校などに通ったり、そもそも子ども自身にお金がかかるようになっているので、貯蓄時期の目安は中学卒業までと考えましょう。中学も塾通いで費用がかかる可能性が高いですから、できれば、中学入学までに教育資金のベースを作っておくと安心です。

貯める目安額

貯める目安額は、最も負担が重くなる大学の時期にかかる教育費の累計の半分程度は確保したいところです。「半分」なのは、一部は月々の家計や子供自身のアルバイト、場合によっては奨学金などで負担することができると考えられるためです。大学の教育資金には、「生活費」も含まれます。もちろん、多めに準備をしてもしすぎることはありません。
具体的な金額は次の通りです。

貯蓄目標額の目安
国公立中心の場合⇒中学卒業までにめどを付ける!
自宅通学の場合 : 300万~500万円
下宿予定の場合 : 500万~700万円

子供が産まれたら、すぐに貯蓄を始めることが大事です。もし、これまで何も手を打たずにきた、という、気づいた時から貯め始めましょう。少額でも貯め続けることが、最もラクな方法です。目標額はいつでも変えることができるので、ともかく始めておくことが大事です。

貯蓄ペース

貯蓄のペースは元金だけで単純割すると次のようになります。

貯蓄ペース
国公立中心の場合の貯蓄額
自宅通学の場合 : 300万~500万円⇒月1万7000~2万8000円(年20万~33.4万円)
下宿予定の場合 : 500万~700万円⇒月2万8000~3万9000円(年33.4万~46.7万円)

金利はついた分だけプラスになると考え、ペースを考えるときは計算に入れません。なお、子ども手当ですが、これは将来の教育資金として、全部または一部を取っておくようにしましょう。習い事や塾の費用、あるいは生活費に充てるようなことはできるだけ避けましょう。将来の選択肢も広げる準備も大事です。大事なのはやはり、バランスです。

文部科学省「学習費調査(平成18年度)」、「私立大学等の平成19年度入学者に係る学生納付金等調査結果」
日本学生支援機構「平成18年度学生生活調査報告」
日本政策金融公庫総合研究所「平成18年度家計における教育費負担の実態調査」による