幼稚園・小学校から私立に通った場合の費用とは

チャイルドナビ

チャイルドナビ トップ > 幼稚園・小学校から私立コース

幼稚園・小学校から私立コースでかかる費用

幼稚園・小学校から大学まで、ずっと私立の場合の教育資金準備の目安額を整理しましょう。幼稚園から大学までにかかる金額の目安は次の通りです。大学は文系で自宅通学の場合と下宿の場合で試算しています。この金額は、かかる費用の合計です。決して貯めるべき金額ではないのでご注意ください。

♦小学校から私立(幼稚園は私立、大学は文系・自宅)=約2098万円
♦小学校から私立(幼稚園は私立、大学は文系・下宿)=約2429万円

小学校から私立コースの基本はフロー

小学校から私立の場合、いわゆる「お受験」からスタートします。幼稚園からすでに一貫校に入る方もいるでしょう。教育は子どもの財産であり、可能性を広げてくれます。
実際には、前述の金額に、それぞれ受験準備のための費用も別途かかってきます。「幼稚園・小学校から私立」の進路を希望する場合、実は貯められる時期はほとんどありません。幼稚園・小学校から私立を検討される方の場合、早くから「幼児教室」などにも入ること多く、それを考えても、貯める時期がないのです。つまりは、年間100万~150万円(小学校の時期は高めです)の教育資金が人数分かかり続けても支障がない程の所得があるか、あるいはそれだけのストックがすでにあることがポイントです。

貯める目安額

「幼稚園・小学校から私立」を検討する場合、子供の教育資金は、いつ頃までに、どれくらい準備をすればいいでしょうか。このコースを選ぶ家庭は、かなりのフロー(収入)があるか、ストック(貯蓄)が必要であることは前述の通りです。小学校から考えると、16年間にわたって教育費が年間100万~150万円(小学校の時期は高めです)ほどかかり続けるため、長期的にストックとフローのバランスを見ていくことが必要です。もしもフローだけでは厳しい場合にはストックが必要ですが、半分程度をストック、残りをフローでまかなうと考えた場合、大学が自宅通学なら1050万円、下宿なら1200万円は貯蓄としてすでにあることがポイントとなります。当然ながら、全額をフローでまかなえる場合は貯蓄の必要はありません。逆に、実は収入は高くないけれども、相続などで入ったお金があるからと、全額をストックでまかなう場合は、前述の通り、大学が自宅通学なら約2100万円、下宿なら約2500万円が必要になります。これの金額が幼稚園に入る前にすでに貯まっているか、目途が付いていることが必要となります。

貯蓄目標額の目安
幼稚園・小学校から私立⇒2歳までに目途をつける
♦半分程度をストック、残りをフローでまかなう場合
大学が自宅通学の場合 : 約1050万円(下宿なら約1250万円)
♦全額をフローでまかなえる場合
貯蓄の必要はなし
♦全額をストックでまかなう場合
大学が自宅通学の場合 : 約2100万円(下宿なら約2500万円)

ただし、上記はあくまでも目安に過ぎません。学校によってはもっとかかるところもありますので、調整が必要です。

文部科学省「学習費調査(平成18年度)」、「私立大学等の平成19年度入学者に係る学生納付金等調査結果」
日本学生支援機構「平成18年度学生生活調査報告」
日本政策金融公庫総合研究所「平成18年度家計における教育費負担の実態調査」による