子どもが生まれてから大学を卒業するまでに3000万

チャイルドナビ

チャイルドナビ トップ > 子育てに3000万

子供を育て上げるのに3000万円

教育関連費+養育費=3000万円

実際の数字を見てみましょう。AIU保険の「AIUの現代子育て経済考」では22年間の基本的な養育費は1680万円と試算。教育費はオール国公立で1179万円と見込まれています。オール私立で理系となると2371万円。養育費と教育費をプラスして考えると、確かに家が買えるほどの金額です。

貯蓄で備えるのは教育関連費

「子供費」=教育関連費+養育費、と述べてきましたが、子供費の中心として意識すべきは教育費です。養育費に関しては特別なライフイベントなどを除いて、その多くは、通常の家計の中で生活費として吸収できるからです。そのためには、養育費+αを吸収できる家計に改造していく必要があります。家計で養育費を吸収しつつ、将来の教育資金については貯蓄して準備をしておくのが常道です。
教育関連費は、共働き世帯などで収入が多い場合は、家計である程度は吸収できるでしょう。しかし、吸収し切れない部分は、「経済的リスク」です。早めに備えるためにも、子供ができたら、将来の教育費について考えておくことが重要です。

出産から22年間の総費用は?(AIUの現代子育て経済考2001より)

合計 約1,680万円 出産・育児費用 約89万円
子どもの食費 約702万円
子どもの衣料費 約159万円
子どもの医療・理美容 約173万円
子どものお小遣い 約469万円
子どもの私的所有代 約88万円
教育費 公立 私立
幼稚園2年間 約64万円 約124万円
小学校6年間 約276万円 約777万円
中学校3年間 約196万円 約396万円
高校3年間 約190万円 約424万円
大学4年間
(医・歯系は6年間)
約453万円(国立) 約549万円(私立文系)
約650万円(私立理系)
約2900万円(私立医・歯系)